★★★俳優木村拓哉さん★★★

日本を代表する俳優、タレントの「木村拓哉」さんをサイグラムで検証してみましょう。 TEL03−5844−6820  スカイプ名aiyo-yoshioka




2007年03月14日(Wed)
★★★俳優木村拓哉さん★★★


          ★★★俳優木村拓哉さん★★★

そろそろ、最終回を迎える「華麗なる一族」。

迫力満点の素晴らしい演技です。

「武士の一分」でも見事な演技を披露した木村拓哉さん。

スマップの一員としても異彩を放っている「木村拓哉」さんですが唯一結婚もし、堅実な生活を営んでいますね。

現代的な雰囲気と、日本男子のかっこよさみたいなものも持ち合わせています。

そんな日本を代表する俳優、タレントの「木村拓哉」さんをサイグラムで検証してみましょう。

★サイグラムから見た生得的特長★

・淡々とした飾り気のない性格。

・割り切りがよく、態度の転換も早い。


俳優という職業は、役になりきれるかが大切。

「木村拓哉」さんぐらい忙しいと掛け持ちもあると思うので、割り切りをよく、
転換を早くし、一つの仕事が終わったら早く別の仕事に取り組むようにしないといけません。

又、役から素の自分に早く戻り、仕事のストレスから開放されないと、逆に仕事に取り掛かる時、時間がかかってしまいます。

その点、俳優向きな性格といえそうです。

ファンが「木村拓哉」さんに親近感を覚える理由の一つに飾り気がなく嫌みが無い感じに見えます。

これも、生得的性格が示していますね。

★サイグラムから見た生得的才能★

・音感が鋭く、身体的バランスにも優れています。

・研究熱心な態度と、豊かな知識吸収力があります。


スマップのメンバーのなかでも、歌、踊りは一番かもしれませんね。

それは、「木村拓哉」さんが生得的に音感が鋭く、身体的バランスにも優れていたことと、研究熱心さがあっての事だったのかもしれません。

★サイグラムから見た言語表現★

「木村拓哉さん」独特な言い回しがあり、モノマネされたりしていますが生得的言語表現は、自分の意志、意図、心理はなるべく言いたがらないようです。

あの言い回しで個性的だと思われがちにですが、本当のところは見えずらい人でもあります。

★サイグラムから見た対人対応★

人に世話にならず、世話もしない個人主義ですね。

言語表現からも、本当のところは見えずらい人なので、このような個人主義にはなんの障害にもならないでしょう。

★編集後記★

日本の美男子代表みたいに言われる「木村拓哉」さんですが、こういう性格だから色々なスポーツも上手にこなすし、堅実な家庭も維持し、俳優業、タレントとしても無難にこなせているのでしょう。

器用貧乏にならずに、物事に対してあくなき追求を試みていけば人生大成するのは間違いないところだと思います。

ファンの一人として今後も頑張って頂きたいものですね。

●光触媒の本あれこれ
●光触媒グッズコレクション
●光触媒製品

●愛らしいクマちゃん花束




私が食べているのはルイスイグナロノーベル科学賞受賞博士の研究機関のダイエット食です。



”体重61,4kg(−600g)”
”体脂肪率25パーセント(+−0%)”
ウオーキングサボリ/b>

吉岡春樹の愛用ダイエット食品はこちらから








   


作者プロフィール
東京神田生まれ、
団塊の世代、O型、
おひつじ座、男性
平成14年   
「あいよコーポレーション」設立

あいよコーポレーション」の吉岡春樹です。

銀座シャンソニエ「マ・ヴィー」でピアノバックにシャンソン一曲



・東京商工会議所会員
・中小企業振興会会員


私はチームマイナス6%です




カレンダ
2007年3月
       
14

アーカイブ
2006年 (250)
4月 (6)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2007年 (367)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (32)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2008年 (365)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (30)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2009年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2010年 (365)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (30)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2011年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (29)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2012年 (361)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (27)
7月 (30)
8月 (32)
9月 (30)
10月 (30)
11月 (29)
12月 (31)
2013年 (366)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (30)
8月 (32)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2014年 (363)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (31)
2015年 (358)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (29)
6月 (30)
7月 (32)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (25)
2016年 (173)
1月 (20)
2月 (17)
3月 (18)
4月 (15)
5月 (20)
6月 (11)
7月 (15)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (8)
11月 (13)
12月 (12)
2017年 (128)
1月 (13)
2月 (15)
3月 (15)
4月 (12)
5月 (12)
6月 (11)
7月 (11)
8月 (16)
9月 (15)
10月 (8)

アクセスカウンタ
今日:710
昨日:5,166
累計:7,675,060